海外で働く PR

【日本はオワコン?】日本から出たい人におすすめの国と仕事5選!

少子高齢化の影響で、日本はオワコンになるって本当?今後のために、海外で生きれるようにしておいた方がいいのかな?
戦争や地震の心配が尽きない…。やっぱり早めに海外に出た方がいいの?おすすめの海外移住先や仕事も教えて欲しい!

こんなお悩みはありませんか?

日本は少子高齢化の影響で経済が衰退し、世間では「日本オワコン説」が囁かれています。

それに加えて、戦争や地震の影響を考えると「早く日本を脱出した方がいいのでは?」と考える人は少なくないはず。

私自身も、最近の日本の現状に危機感を抱いており、小さい子どもを育てる親としても”海外移住”を真剣に考えています。

そこで、本記事では【日本から出たい人におすすめの国と仕事】について徹底解説していきます!

また、記事の後半では「海外移住を始める具体的な手順」についても紹介しています。

これからの将来、海外移住を選択する人が確実に増えると言われていますよね。

「日本に住み続ける」という常識を一回壊して、海外移住に目を向けてみてはいかがでしょう?

「日本から出たい!」と感じている人々が急増している理由

「日本から出たい!」と感じている若者が急増している理由最近、「日本から出たい!」と感じている人々が増えているのは知っていますか?

日本は安全かつ清潔で、ご飯も美味しい素晴らしい国です。

しかし、そんな素晴らしい国であるはずの日本でなぜ海外移住を希望する若者が増えているのでしょう?

ここでは【「日本から出たい!」と感じている人々が急増している理由】を紹介します。

①:税金や社会保障料が高いから
②:日本が戦争に巻き込まれる可能性があるから
③:地震に備えたいから
④:給料が上がらないから

このような理由が挙げられます。

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

理由①:税金や社会保障料が高いから

まず最初に、「税金や社会保障料が高い」という理由があるでしょう。

今の日本では、少子高齢化というものすごく大きな社会問題が押し寄せています。

実際、税金や社会保障料って毎年じわじわと上がってきていますよね。

それにも関わらず、私たちの給料はここ何十年も上がっていません。

税金などの負担だけ増えて、賃金が一向に上がらない日本で誰が子育てしたいと思うでしょうか?

まさに今の日本では、子どもが増えない“負のスパイラル”にはまってしまっているのです!

負のスパイラル

このような状況に不満を持つ人々は、今後ますます海外に目を向けていくでしょう。

理由②:日本が戦争に巻き込まれる可能性があるから

次に、「日本が戦争に巻き込まれる可能性があるから」という理由も考えられます。

コロナが終わったと思ったらロシア・ウクライナ戦争が始まったり、今まさに世界が「第三次世界大戦」になるかの瀬戸際のような緊張感が走っています。

日本も他人事ではありません。

日本はアメリカの仲間なので、何か大きな戦争があれば「同盟国」として参加しなければならなくなるでしょう。

そして、お隣の中国による“台湾有事”などの問題が、今まさに注目されていますよね。

もし、日本が戦争に巻き込まれたら、真っ先に徴兵されるのは「若者」なんですよね。

でも、誰だって戦地へ行きたくないじゃないですか?

まだまだやりたいことが沢山あるのに、死にたくないですよね?

実際、ミャンマーは最近「若者の徴兵制度」を再開しました。

それによってミャンマー国内はパニックになり、徴兵制から逃れるために連日タイなどのビザをもらうために大使館が長蛇の列だと言います。

ミャンマー徴兵制度参照:NHKニュース

日本の若者も、同じように戦争に危機感を感じて、「いつでも日本から逃げられるように」と考えている人が増えているんですね。

理由③:地震に備えたいから

続いて、「地震に備えたいから」というのも理由の1つです。

日本では、今後30年間で必ず大地震が起こると言われています。

それこそ、「南海トラフ大地震」です。

日本は昔から災害大国ですが、今回の地震はガチでヤバいと言われていますよね。

東日本大震災のように局地的な被害ではなく、広範囲にわたって深刻な被害が出ると予測っされています。

参照:日本経済新聞

この地震により死者も多く出ることや、首都圏の停電・断水による混乱などの二次被害も心配されているからこそ、海外移住を真剣に考える人も増えています。

理由④:給料が上がらないから

最後に、「給料が上がらない」というのもあります。

実際、現在の日本では物価高騰(インフレーション)のはずなのに、なぜか賃金はここ何 十年も上がっていません。

普通、インフレ時には賃金も上がるはずなのにおかしいですよね。

これに関しては、完全な政策ミス(アベノミクス)が原因です。

また、今の政治家たちは自分たちの懐にいくらお金を残すかしか考えていない、というのも問題ですよね。

外国にはお金をばら撒き、日本の被災地にはほとんどお金を回していないが現状です。

このような危機的な状況だからこそ、人々は政治に不信感を抱き、海外へ逃げようと思うのです。

日本から出たい人におすすめの国5選

日本から出たい人におすすめの国5選このような状況に、まず最初に危機感を抱き行動したのが「富裕層」です。

富裕層は資金が豊富にあるので、海外ビザや不動産を購入したりして“最悪なことが起こるとき”に備え始めました。

実際、多くの富裕層が「より税金が少ない国、より犯罪の少ない国」へ流出しています。

参照:ブルームバーク

しかし、今後は私たちのような一般庶民も「海外移住」を真剣に考え始めるはずです。

そこで、ここからは【日本から出たい人におすすめの国】を厳選して5つ紹介しますね。

・アメリカ合衆国
・カナダ
・アラブ首長国連邦
・シンガポール
・オーストラリア

アメリカ合衆国

アメリカまず、おすすめの海外移住先1つ目は、自由の国「アメリカ合衆国」です。

アメリカは世界のトップとして、経済・金融・テクノロジーの最先端をいく国です。

「アメリカンドリーム」という言葉があるように、世界中から優秀な人々が人生をかけて挑戦するために集まります。

円安に悩む日本とは対照的に、ドル高である今アメリカで働くだけで日本の数倍稼げてしまう状況でもあります。

しかし、アメリカで成功を収めるにはもちろん相当な努力も必要です。

ビジネスチャンスが多いアメリカを1つの移住先として検討してみてはいかがでしょうか?

アメリカ合衆国 基本情報
人口3.319億人
首都ワシントンD.C
言語アメリカ
宗教プロテスタント5割、カトリック2.5割、その他5%
アメリカ大使館https://jp.usembassy.gov/ja/

カナダ

カナダ
次に、おすすめの海外移住先2つ目は「カナダ」です。

治安も良く、大自然に囲まれた静かな環境で暮らしたい人におすすめの国です。

英語圏なので海外移住初心者でも住みやすく、多くの日本人も住んでいるのもポイントです。

また、カナダはアメリカと並ぶ移民国家なので、アジア人差別も少なく安心して暮らすことができるでしょう。

世界中から移民を受け入れている寛容な国「カナダ」も、海外移住先としては注目です。

カナダ 基本情報
人口3825万人
首都オタワ
言語英語、フランス語
宗教リック系4割、プロテスタント3割、無宗教1.5割
カナダ大使館https://www.ca.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

アラブ首長国連邦

アラブ首長国連邦

続いて、海外移住におすすめの国として最近注目を集めている「アラブ首長国連邦」

なかでも「ドバイ」は、近年多くの経営者や投資家が移住しています。

主な理由としては、税金がとても安いからです。

しかも、中東にあるドバイはヨーロッパとアジア、アフリカへの交通網も便利なので、今後世界のハブとして栄えることでしょう。

そんなドバイは、国民の90%が外国人で構成されています。

そのため、海外移住者でも馴染みやすく英語もかなり通用します。

また、治安も日本と同程度で非常に安全な国なので、犯罪リスクも少なくておすすめですよ。

今後、ドバイは海外移住のトレンドとなるかもしれません!

アラブ首長国連邦 基本情報
人口936.5万人
首都アブダビ
言語アラビア語、英語
宗教イスラム教
アラブ首長国連邦大使館https://www.uae.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

シンガポール

シンガポールアジアの優等生と知られる「シンガポール」。

シンガポールはアジアの中でも経済が発展しており、子どもの教育先としても人気です。

シンガポールには「華僑」と呼ばれる中国系も住んでいることから、「英語と中国語」が学べる環境としても人気です。

もちろん、日本からも直行便が出ており、何かあればすぐに日本に帰れる距離であることも魅力です。

海外移住が初めてでも、アジア圏ならハードルは低くなるはずです。

初めての海外移住を決めるなら、アジア圏のシンガポールを選ぶといいうのも1つですね。

シンガポール 基本情報
人口545.4万人
首都なし
言語マレー語、タミル語、中国語、英語
宗教仏教4割、イスラム教2割、キリスト教2割、ヒンドゥー教1割
シンガポール大使館https://www.sg.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

オーストラリア

オーストラリア最後に、海外移住におすすめの国は「オーストラリア」です。

オーストラリアは広大な自然と、美しいビーチが有名ですよね。

海外留学先やワーキングホリデーの人気渡航先にもなっています。

しかし、最近では「日本人の海外出稼ぎ先」としても注目されているのを知っていますか?

オーストラリアでは、最低賃金が日本と比べて高く、同じ仕事でもオーストラリアで働けば数倍年収が異なります。

そのため、日本人が密かに出稼ぎに行くことがトレンドとなっています。

もちろん、オーストラリアは気候も良くて英語圏なので日本人にも住みやすい国といえます。

せっかく働くならお給料もしっかり貰って貯金したいですよね。

オーストラリアではそんな理想を叶えてくれる移住先です。

オーストラリア 基本情報
人口2569万人
首都キャンベラ
言語英語
宗教キリスト教
オーストラリア大使館https://japan.embassy.gov.au/

海外移住したい人におすすめの仕事

海外移住したい人におすすめの仕事

いかがだったでしょうか?

おすすめの海外移住先で気になる国は見つかったでしょうか?

海外移住は、もはや一部のエリートやお金持ちだけがができる時代ではなくなりつつあります。

しかし、海外に暮らすにはその国で生活していかなければなりません。

そこで大切なのが、「仕事を得る」ということです。

ここからは、【海外移住したい人におすすめの仕事】を紹介します。

・教師
・寿司職人
・デジタルノマド
・ボランティア員
・起業家

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう!

教師

教師
海外移住におすすめの仕事の1つ目は、「教師」です。

教師といえば小学校〜高校までの教師を思い浮かべる人も多いはずです。

もちろん、世界のあらゆる場所に「日本人学校」があるので、日本人学校の教師になるというのも1つの方法です。

海外日本人学校の教師になるには「文部科学省の採用」と「海外子女教育復興財団」の2つの募集があります。

文科省と海外子女教育復興財団でも採用までの手段や待遇も異なってくるため、事前にサイトなどを確認しておきましょう。

また、基本的には「教員免許」を持っていないと海外日本人学校の教員にはなれません。

もし、教員免許を持っていないけど海外で教えたいと考えているなら「日本語講師」はいかがでしょう?

日本語講師は、現地の生徒に日本語を教える仕事です。

現地にいる日本に興味のある学生が生徒になるので、現地の人々と深く関わることができる点が魅力です。

海外では、日本のアニメや食などに憧れを持つ人も多いので、「日本人講師」として海外で働くのも面白いかもしれませんね。

寿司職人

寿司職人

海外移住におすすめの仕事の2つ目は、「寿司職人」です。

海外では今や日本食ブームの真っ只中!

海外富裕層の間では、日本食を食べることはもはや「ステータスの証」だったりもします。

そんな日本食ですが、特に人気が高いのが「寿司」なんですよね。

実際、海外には次々と寿司レストランがオープンしています。

そのため、日本の寿司職人は日本で働くよりも倍のお給料を提示されて海外に働きに出る人も多いそうなのです。

・日本の寿司職人平均年収:430万円
・海外の寿司職人平均年収:1000万円

そのため、日本の寿司アカデミーでは海外で稼ぐために寿司職人になりたい生徒で入学待ちになっているそうです。

デジタルノマド

デジタルノマド

続いて、海外移住におすすめの仕事は「デジタルノマド」です。

デジタルノマドはその名の通り、パソコン一台で好きな場所で働ける仕事です。

例えば、最近人気で注目を集めているのは以下のような仕事ですね。

・プログラマー
・Webデザイナー
・Webライター
・動画編集者
・Webマーケター

パソコンさえあればどこでも働けるこのような仕事は、コロナ禍で急激に伸びました。

もちろん、これらの仕事ができるようになれば「手に職」も付きます。

独学でも十分スキルを身に付けることができるので、海外を旅するようにいきたい人にはすごくオススメの働き方ですよ。

ボランティア員

ボランティア員

海外移住する方法は、何も働くことだけではありません。

“ボランティア活動”で海外に住む方法もあります。

例えば、「青年海外協力隊」に参加するのはいかがでしょう?

青年海外協力隊とは、社会的課題のある途上国に住みながら支援を行うボランティア団体のことを指します。

もちろん、現地派遣までにはきちんとした語学研修が受けられたり、現地生活費は出して貰えます。

そして、何よりも現地で困っている人々をサポートするのに、大変やりがいを感じられるでしょう。

私の友人たちも、何人か青年海外協力隊で活躍していました。

ある友人はアフリカのブルキナファソへ、またある友人は中東ヨルダン、別の友人はスリランカで人々の役立つことをしています。

「誰かの役に立ちたい」、「海外に住むだけでなく、人と違う経験を積みたい」と思っている方がいたらチャレンジしてみませんか?

途上国支援では、今までの常識や価値観がガラッと変わり、人として豊かになることができるはずです。

起業家

起業家

海外移住する方法に、「起業」も1つの選択肢であることをご存知でしょうか?

「起業なんて私には無理だ…」と諦めている人も多いですが、1人で行う個人事業主でもOKです。

例えば、Webライターの延長で起業する人もいますし、ヨガインストラクターとして活躍している人などさまざまです。

海外起業の場合、ビザの取得や銀行口座の開設、必要に応じて物件を借りる必要があるので少しハードルが高く感じるでしょう。

英語が得意なら現地で全ての手続きも可能ですが、英語に不安があるならエージェントに力を借りましょう。

「日本より税金の安い国」を移住先に選ぶことで、ガッツリお金を守ることができるはずです。

最近では「ドバイ」や「シンガポール」、が人気ですが、「オランダ」は個人事業主ビザが簡単に取れるので穴場の移住先だったりもしますよ。

海外移住を始める具体的な手順【5ステップ】

海外移住を始める具体的な手順【5ステップ】

ここまで、海外移住におすすめの仕事を紹介してきました。

しかし、海外移住の方法を知っても具体的にどのように行動していけばいいのかイメージできない人も多いはず。

そこで、ここからは【海外移住を始めるための具体的手順】を5ステップで解説していきます。

ステップ①: 住みたい国を決める
ステップ②: 住みたい国のビザ、就職情報を集める
ステップ③: 並行して英語学習を進める
ステップ④: 現地での働き口を決める
ステップ⑤: 現地視察、ビザ取得、賃貸契約

それでは、1つ1つ詳しく見ていきましょう。

ステップ①: 住みたい国を決める

海外移住のステップの1つ目ですが、まずは「自分の住みたい国」を決めましょう。

世界は広いので、なかなか1つの国に絞れない人も多いかもしれませんね。

そんな時は、本記事の「おすすめの移住国」を参考にして下さいね。

また時間とお金に余裕があれば、実際にいくつか気になる国をピックアップして、その国を旅行がてら訪れてみる事をオススメします。

ステップ②: 住みたい国のビザ、就職情報を集める

移住先候補をいくつかピックアップできたら、次に「住みたい国のビザ、就職情報」を集めましょう。

特に、ビザ関連には時間を要するものもあるため、しっかり事前調査が必要です。

せっかく住みたい国が決まったのに、ビザが取得出来ないようなら海外移住は叶いません。

各国の大使館のホームページの最新情報をしっかり見て準備を進めましょう。

また、現地で働くには就職先を見つける必要があります。

現地の就職先を見つけるには、海外就職専門のエージェントに登録するのが便利ですよ。

すぐに応募しなくてもいいので、良い求人情報がないか最新のものをチェックしておくことをオススメします!

海外就職におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント
エンワールド
カモメアジア転職

あわせて、海外就職を成功させるために自分のスキルを磨いておく事もお忘れなく!

ステップ③: 並行して英語学習を進める

海外移住の準備として並行して進めておきたいのが、「英語学習」です。

海外に出たら現地語、もしくは英語を使う必要があります。

さらに、海外暮らしでは予想できないようなトラブルやハプニングが必ず起こります。

その際に、全て自分で解決する必要があるんですね。

英語が話せないと、自分が損をしてしまったり危険な目に遭うこともあるかもしれません。

英語は海外で生きていくための大きな武器となるので、必ず日本にいるうちから勉強をしておきましょう!

英語を話せないで海外移住するのは、戦場に武器を持たずに向かうようなもの。

今からできる事をしっかり取り組み、サバイバル英語を身に付けてましょう。

別記事「【超初心者向け】おすすめのオンライン英会話ベスト3!【体験談あり】」にて、これから英語を始める人におすすめのオンライン英会話や、効率的な勉強方法を紹介しています。

ぜひ参考にして下さい。

【超初心者向け】おすすめのオンライン英会話ベスト3!【体験談あり】超初心者におすすめのオンライン英会話を探していませんか?本記事では、TOEIC300点台から英検準1級レベルまで這い上がった私が【超初心者向けのおすすめオンライン英会話】を紹介します。あわせて「正しい学習方法」も解説しているので、これから英語学習を始める方は必見です!...

ステップ④: 現地での働き口を決める

海外移住に向けて準備が整ってきたら、いよいよ「現地での働き口」を見つけましょう。

最近では、海外の企業でもオンライン面接を日本から受けることが可能です。

そのため、内定を貰うまで全てオンラインで完結できる会社もあるようです。

そうなると、海外就職面接のハードルも一気に下がりますよね。

しかし、ここで1つ注意して欲しい点は、採用された場合に必ず「ビザのサポート」があるのかもきちんと確認することです。

なかには、ビザサポートを一切行わない悪い会社もあるので、せっかく現地渡航してもビザが降りずに泣く泣く帰国するハメに…。

そうならないためにも、しっかりとビザサポートのある会社を選ぶといいですよ。

そして、常に最新の採用情報をチェックしつつ、チャンスがあれば思い切って応募してみましょう!

ステップ⑤: 現地視察、ビザ取得、賃貸契約

無事に就職先が見つかったら、いよいよ最終準備です!

まず、海外移住前に必ず行って欲しいことは「現地視察」です。

なぜなら、一度も渡航せずに移住してしまったら、その国の雰囲気や食事が合わないリスクがあるからです。

そうなると、結局すぐに日本へ帰国してしまい、時間もお金も労力も全て奪われてしまいます。

必ずしっかり自分の目で現地を見てから、海外移住を決断しましょう。

また、現地で借りる物件選びも進めておきたいところ。

物件選びもぜひ現地視察と同様、自分の目で見て確かめて下さい。

また、家だけでなくその周辺のエリアの治安や雰囲気も把握しておくと良いでしょう。

特に、夜の雰囲気はしっかりチェックしておくことに越したことはありません。

ビザに関しても事前にしっかり準備を進めていれば問題なく取得できるでしょう。

国の情勢によってビザの要件は変わることもあるので常に各国大使館のホームページなどで最新情報を押さえておいて下さいね。

まとめ:今後「海外移住」は日本人の新常識になる

今後「海外移住」は日本人の新常識になる

いかがだったでしょうか?

きっと、今までの常識では「海外移住なんて一部のエリートのみの選択」と思っていたのではないでしょうか?

しかし、もはや今の日本では誰もが海外移住を検討するようになっていくはずです。

例えば、フィリピン人の多くが世界中に出稼ぎに行くように、私たち日本人も「海外に出稼ぎに行くこと」が新常識になっていくでしょう。

むしろ、そのような選択を取ることで人生をより豊かにしたり、リスキリングにもなりますよ。

とはいえ、「海外移住」は人生の大きな決断でもあるため“事前準備”は必須です。

まずは、今日からでも始められる準備として「英語学習」が挙げられます。

海外に住んだり、海外で働くにはコミュニケーションツールの「英語」は、もはや絶対に欠かせないものとなっています。

ぜひ、「オンライン英会話」などを活用して効率的な英語学習を進めていって下さいね。

以下の記事では、私が数あるオンライン英会話のなかから、初心者でも始めやすいスクールを紹介しています。

ぜひ、今日から未来に向けた一歩を踏みだしてみましょう!

【超初心者向け】おすすめのオンライン英会話ベスト3!【体験談あり】超初心者におすすめのオンライン英会話を探していませんか?本記事では、TOEIC300点台から英検準1級レベルまで這い上がった私が【超初心者向けのおすすめオンライン英会話】を紹介します。あわせて「正しい学習方法」も解説しているので、これから英語学習を始める方は必見です!...
【全て実体験】人気オンライン英会話3社を辛口比較してみた結果 こんなお悩みはありませんか? 過去の私もオンライン英会話を選ぶ際、どこも似たようなサービスでとても悩んだ経験があり...