海外で働く

【誰も教えてくれない】女一人の海外移住で本当におすすめの国とは?

今の会社の給料と働き方に限界を感じてきた…。成長を続ける海外に移住して、仕事を探してみようかな。
女性一人の海外移住でおすすめの国はどこかな?国の選び方や、どんなことに気を付けたらいいのか教えて欲しい!

このようなお悩みはありませんか?

恋も仕事も頑張ってきたけど、気が付けば独身アラサー、アラフォーに。

仕事でガンガン出世している訳でも、給料が上がっている訳でもない。

「果たして、私このままでいいのかな?」と急に不安になることってありませんか?

このブログを見てくれたあなたは、今の現状になんとなく不安を感じて「海外移住」を調べてくれたはず。

だけど、もう大丈夫。あなたの未来は明るいです。

なぜなら、円安の加速によって、海外で働くのは「今」が絶好のチャンスだからです!

同じ仕事でも、国境を越えると月収が2倍、3倍になるなんてことが実際に起きています。

それを裏付けるように、日本人の海外永住者は過去最高の約55万7千人になりました。

外務省の海外在留邦人数調査統計参照:外務省の海外在留邦人数調査統計

 

もはや、少子高齢化で縮小している日本市場で働くよりも、成長を続ける海外で働く方が圧倒的に楽に生きられるでしょう。

とはいえ、女性1人の海外移住って「治安面」を含めて不安だらけだと思います。

そこで、本記事では【誰も教えてくれない!女一人の海外移住で本当におすすめの国】を紹介します。

また、あわせて「海外移住のメリット・デメリット」や「女性の海外移住で気を付けるべきポイント」、「海外で起きた本当にあった怖い話」を徹底解説していきます。

不安と不満を捨てて、一緒に新しい世界への扉を開いていきましょう!

海外移住するメリット【リスクを取る者だけがリターンを得る】

海外移住するメリット【リスクを取る者だけがリターンを得る】

「海外に移住したい」と漠然と考えているだけでは、具体的な行動に移せません。

まずは、あなたが海外移住すべき理由である【海外移住するメリット】を解説していきます。

・生活コストを下げられる
・異文化に触れて視野が広がる
・語学を伸ばしやすい
・海外で働いた経験がキャリアにプラスとなる
・新しい出会いがある

生活コストを下げられる

まずメリットの1つは、「生活コストを下げられる」ことではないでしょうか。

最近、日本ではインフレの影響で生活費がジワジワと高騰しています。

ガソリン価やスーパーの野菜、卵の値段もびっくりする位値上がりしましたよね…。

一方、東南アジア圏では日本と比べてまだまだ物価が低いところが多いです。

そのような国で暮らすことで、日本でカツカツ節約生活に励むよりも実質的に豊かな暮らしが実現できますよ。

例えば、日本とタイの生活費を比較してみますね。

最近、タイ・バンコク中心で徐々に物価が上がり始めてきていますが、それでも生活費は「1/3程度」に抑えることができています。

生活費をガツンと下げることで、余裕のある生活を実現できるのは東南アジア圏の良い所。

逆に、ヨーロッパやアメリカは日本と同等、もしくは物価が高い国もあったりするので、移住国を選ぶ時には注意して見ておきましょう。

異文化に触れて視野が広がる

続いて、2つ目のメリットは「異文化に触れて視野が広がる」という点です。

みなさんは、日本の常識が世界の常識だと思っていませんか?

実は、日本って世界から見ると独特な文化や価値観を持つ国だと言われているんです。

逆に、日本では

・財布を落としても返ってくる
・水道の水が飲める
・公共交通機関が遅れない
・丁寧な接客やお辞儀

上記があたり前の光景だったりします。

しかし、これら全てが海外だとほぼあり得ません!(笑)

そう考えると、日本って本当に恐ろしいくらい秩序とモラルがある素晴らしい国ですよね。

このように、海外に出ることで自分の国を客観的に見ることができるんです。

海外に出ると『日本がもっと好きになる』と言われるのは、このことかも知れませんね。

一方で、新しい価値観に触れることで視野が広がっていき、色々なアイデアも生まれます。

例えば、海外では「結婚」だけが幸せだという価値観にも縛られないで、のびのびと生きていけるのも海外の良いところですよ!

語学を伸ばしやすい

海外移住のメリット3つ目は、ズバリ「語学を伸ばしやすい」ことですね。

日本ではほぼ日本語しか使わないので、いくら英語を勉強していてもアウトプットに限界があります。

一方で、海外に住むと自分が「外国人」になる訳です。

なので、現地語や英語を話さないと生きていくことができない“サバイバルな環境”になるという事になります。

面白いことに、人はこのような状況に置かれると追い詰められて限界突破します(笑)

長期移住になれば、必然的に語学力は上がっていくでしょう。

そして、習得した言語で現地で仕事を見つけたり、日本で英語を使う仕事をすれば年収やキャリアをアップすることも可能です。

あわせて、プライベートでも現地で交友関係を広げたり、外国人のパートナーを見つけることに役立つかもしれません!

海外で働いた経験がキャリアにプラスとなる

先程も少し触れたように、言語を習得して現地でキャリアを積むことで「グローバル人材」の道が開けます。

グローバル人材とは、ただ英語ができる人ではありません。

異文化対応力こそ、真のグローバル人材になるために必要な資質です。

例えば、日本でよく見かける光景で上司が部下をみんなの前で怒鳴りつける場面。

あれって海外でやったら完全アウトだったりします。

面子を大切にする文化のある国でそのような行為をすると、かなり嫌われますし大問題になるでしょう。

このように、海外で仕事をするためにはその国の文化や価値観というものを理解しながら円滑に仕事を進めて行かなければなりません。

日本でも外国人労働者などの移民が増えている昨今、世界でビジネス経験のある「グローバル人材」は需要も年収も増えていく傾向にあります。

せっかく海外に住むなら、現地の人々と働く経験を積まないのはもったいないですよ!

新しい出会いがある

なかなか恋人ができない…。
出会いがない!

なんて言っている人は、絶対に海外に出てください!!!

なぜなら、一歩海外に出ると”星の数ほどの素晴らしいパートナー候補”がゴロゴロ転がっているからです(笑)

海外イケメン

こんな爽やかボーイや、

海外イケメン

こんなワイルド系ナイスガイも、街中で結構遭遇します!

しかもラッキーなことに、世界には日本に興味を持ってくれる外国人が沢山いるので、話し掛けたらすぐに友達になれるでしょう。

日本で恋人作るのがハードモードなら、そんな人こそ世界に目を向けましょう。

女一人で海外移住するデメリット【やっぱり心配なのは治安】

女一人で海外移住するデメリット【やっぱり心配なのは治安】

残念ながら、海外移住は決して「良い側面」だけではありません。

ここでは、他ではあまり教えてくれない【海外移住のデメリット】を隠すことなくお伝えします。

・治安面が心配
・頼れる人が周りにいない
・両親に会いづらい

治安面が心配

女性の海外移住で、1番ネックとなるのが「海外の治安面」ではないでしょうか。

幸運なことに、日本は世界トップクラスに治安の良い国と言われています。

日本では夜間に女性一人でも問題ありませんが、海外だと犯罪に巻き込まれるリスクがあります。

そのため、夜間に気軽に飲みに行きづらくなるのは覚悟しておかなければいけません。

頼れる人が周りにいない

女性一人の海外移住のデメリットの2つ目は、「頼れる人が近くにいない」ことが挙げられます。

特に、何かトラブルがあった際には気軽に頼れる友人や家族が周りにいません。

例えば「家にゴキブリが出た!」という場面でも、自分でどうにか対処する必要があります。

きっと、海外で暮らすと今よりずっとたくましくなれるでしょう(笑)

とはいえ、力仕事などは周りに頼らなければなりませんよね。

是非、海外に来たら現地で頼れる人を作りましょう!

両親に会いづらい

海外に行くと両親に会いづらくなるのも、海外移住のデメリットの1つではないでしょうか。

特に、両親が高齢になると入院や介護などが必要になってくることもありますよね。

日本に居ればすぐに駆けつけることが出来ますが、海外ではそうはいきません。

海外移住する際には、“気軽に両親に会えない”という覚悟が必要です。

日本にいる時よりも頻繁に両親とテレビ電話を使ってあげると安心かもしれませんね。

女性が海外移住する方法

女性が海外移住する方法

ここまで、【海外移住のメリット・デメリット】をお伝えしてきましたが、やはり海外移住って魅力的な選択です。

人生は1回きり。

チャンスがあるなら海外で生活してみることを強くオススメします。

しかし、どうしたら海外移住ができるのでしょうか?

ここでは、具体的に【女性が海外移住する方法】を解説していきますね。

・海外の現地採用
・海外駐在員
・フリーランスで働く(ノマド)
・ワーキングホリデー
・青年海外協力隊(JICA)
・起業

海外の現地採用

海外の現地採用

まず、海外移住する方法の1つが「海外の現地採用」です。

海外の現地採用は、言葉通り“海外の会社に直接雇用されること”を言います。

しかし、一口に「海外現地採用」と言っても3つの採用方法に分かれます。

①日系企業の海外支店
②海外の外資系企業
③海外の現地企業

この3つのうち、1番難易度が低いのが「①日系企業の海外支店に勤務すること」です。

例えると、『ソニーの海外支店(ベトナム、タイetc..)で働く』といったイメージですね。

なぜ、この日系企業の海外支店で働くことが1番難易度が低いのかと言うと、「日本語・英語が話せる日本人」が採用されやすいからです。

日系企業の海外支社には日本人が駐在しているケースがほとんどで、海外駐在員は現地で極力日本語を話せる人と仕事をしたいと考えているからなんですね。

一方、「②海外の外資系企業」「③海外の現地企業」の難易度はグッと上がります。

日本人が海外で採用されるには、現地の人を超える「専門性」や「マネジメント力」などがなければ難しいというのが本音です。

例えば、日本で外国人が日系企業に内定を得ることを考えると分かりやすいですね。

外国人を採用している日系企業はかなり限られていますし、あったとしても狭き門で、よほど優秀な人材でないと入れませんよね。

海外就職でも、それと同じことが言えます。

しかし、海外就職を経験することでグローバル人材になることができ、ゆくゆくキャリアアップに繋がる可能性があります。

そして、少なからず現地の人と仕事をする訳なので「語学力」「異文化対応力」も磨かれていきます。

はじめの一歩を踏み出すのは怖いかもしれませんが、チャレンジしてみる価値はありますよ!

現地の企業を探す方法として、海外就職専門サポーターがいるエージェントに登録するといいでしょう。

エンワールド:国内の外資系企業・グローバル企業への転職専門エージェント
カモメアジア:東南アジア向け転職サイト
ビズリーチ:【海外事業に強い】グローバル人材向け会員制転職サイト

※いずれも相談・転職サポートは無料です。

常に最新の募集をチェックし、希望の条件が見つかったら思い切って応募してみましょう。

最近では、日本にいながらzoom面接が出来るところも多いので気軽に面接を受けれますよ。

海外現地採用のメリット

・働く国を選べる
・語学が習得できる
・異文化理解力が身に付く
・グローバル人材になることができる
・ワークライフバランスが充実していることが多い

海外現地採用のデメリット

・ビザの取得が難しい
・ある程度語学力が必要
・語学以外に専門のスキルが求められることがある

海外駐在員

海外駐在

海外移住する方法で「海外駐在員」という方法があります。

多くは営業職・会計職・技術職・生産管理職のいずれかで、一般的には現地拠点を取りまとめる管理職として派遣されます。

駐在期間は、派遣される目的やポジションによって異なりますが、2〜5年が多いようです。

期間が終わると日本に帰国するケースと別の国に再派遣されて海外駐在を続けるケースがあるようです。

もし、今働いている会社で海外駐在員を募集しているなら大チャンス。

いますぐ応募してみましょう。

もちろん、仕事の実績や語学力も加味されることから、駐在員に選ばれることは決して簡単ではありません。

だからこそ、海外駐在の待遇はかなり良く、プール&ジム付きコンドミニアム&専用車付きということも。

海外移住者の中でも、「海外駐在員」は飛び抜けて「給与面」「待遇面」で優れている場合が多いのです。

とは言っても、海外駐在できるなんてほんの一握りなんじゃない?

「海外駐在員=有名商社&メーカー勤務のバリバリエリート」というイメージをお持ちかもしれませんが、そんなことはありません。

実は、学校の教員だって「海外駐在員」という働き方ができるんです。

世界には駐在員の子供向けに、「日本人学校」があります。

そこで働く教員は文部科学省から派遣された、教員免許を持つ教員なんですね。

なので、もしあなたが教員免許を持っているなら待遇の良い「海外駐在員」で日本人学校で働くという選択肢もありますよ。

もちろん、保育士さんも資格があれば海外で働くことが可能です。

そのような資格を持っているなら、海外の募集を一度調べてみるといいですよ。

 海外駐在員のメリット

・グローバル人材になることができる
・会社でのキャリアアップに繋がる
・語学力の向上
・マネジメント力が上がる
・給与や待遇が良い場合が多い

外駐在員のデメリット

・海外駐在員に選ばれることが難しい
・語学力が必要
・マネジメント力が求められる

フリーランスで働く(デジタルノマド)

フリーランスで働く(デジタルノマド)
「フリーランス(デジタルノマド)」は、最近注目を集めている海外移住の方法です。

特に、以下のようなWebで完結できる仕事であれば「デジタルノマド」になることは容易です。

・Webマーケター
・Webライター
・Webデザイナー
・エンジニア

デジタルノマドは、フリーランスとして日本企業の案件を受注してることがほとんどです。

そのため、「日本円」を有利に使える東南アジアなどの物価の安い国への移住が人気です。

最近では「ジョージア」もノマドの聖地として人気を集めていますよね。

デジタルノマドは、場所や時間に縛られない新しい働き方と言われています。

スキルがある方なら、ノマドワーカーとして「旅するように」生きてみませんか?

フリーランスで働くメリット

・好きな国に住める
・旅するように自由に生きれる
・時間や場所に縛られない
・面倒な人間関係のストレスから解放される

フリーランスで働くデメリット

・自己管理能力が必須
・急に寂しくなることがある
・現地の人と接点を持ちづらい

ワーキングホリデー

ワーキングホリデー
海外移住する4つ目の方法は、「ワーキングホリデー」があります。

ワーキングホリデーとは、海外で勉強しながら働ける「最強のビザ制度」です。

現在、日本人がワーキングホリデーに行ける国は全部で29ヵ国となっています。

・北米:カナダ
・南米:アルゼンチン、チリ
・アジア:韓国、台湾、香港
・オセアニア:オーストラリア、ニュージーランド
・ヨーロッパ:フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、オーストリア、ハンガリー、スペイン、チェコ、アイスランド、リトアニア、スウェーデン、エストニア、オランダ、イタリア、フィンランド、ラトビア

そんな夢のような海外移住を叶えてくれる「ワーキングホリデー」ですが、残念ながら“日本国籍を有する18〜30歳”という条件もあります。

もし、あなたがまだ30歳の誕生日を迎えていないならチャンスですよ!

ワーキングホリデーのメリット

・自由に計画が立てられる
・海外でフルタイム勤務ができる
・仕事も学業も両方体験できる
・仕事によってはキャリアにつなげられる

ワーキングホリデーのデメリット

・選ぶ国が限られる
・期間が決まっている(原則1年、国によっては〜3年)
・必ず仕事が見つかるとは限らない
・一部の国は就学・就労期間に制限がある

青年海外協力隊(JICA)

青年海外協力隊(JICA)
海外移住する方法は、何も働くことだけではありません。

“ボランティア活動”で海外に住む方法もあります。例えば、「青年海外協力隊」に参加するのはいかがでしょう?

青年海外協力隊とは、社会的課題のある途上国に住みながら支援を行うボランティア団体のことを指します。

もちろん、現地派遣までにはきちんとした語学研修が受けられたり、現地生活費は出して貰えます。

そして、何よりも現地で困っている人々をサポートするのに、大変やりがいを感じられるでしょう。

私の友人たちも、何人か青年海外協力隊で活躍していました。

ある友人はアフリカのブルキナファソへ、またある友人は中東ヨルダン、別の友人はスリランカで人々の役立つことをしています。

「誰かの役に立ちたい」、「海外に住むだけでなく、人と違う経験を積みたい」と思っている方がいたらチャレンジしてみませんか?

途上国支援では、今までの常識や価値観がガラッと変わり、人として豊かになることができるはずです。

青年海外協力隊のメリット

・人助けができる
・やりがいがある
・現地の人々と深く繋がりができる
・現地語をマスター出来る

青年海外協力隊のデメリット

・派遣国は選べない
・基本的には開発途上国へ住むことになる
・任期が決まっている
・移住先のインフラが整っていないことがある

起業

起業
海外移住する方法に、「起業」も1つの選択肢であることをご存知でしょうか?

「起業なんて私には無理だ…」と諦めている人も多いですが、1人で行う個人事業主でもOKです。

例えば、Webライターの延長で起業する人もいますし、ヨガインストラクターとして活躍している人などさまざまです。

海外起業の場合、ビザの取得や銀行口座の開設、必要に応じて物件を借りる必要があるので少しハードルが高く感じるでしょう。

英語が得意なら現地で全ての手続きも可能ですが、英語に不安があるならエージェントに力を借りましょう。

「日本より税金の安い国」を移住先に選ぶことで、ガッツリお金を守ることができるはずです。

最近では「ドバイ」や「シンガポール」、が人気ですが、「オランダ」は個人事業主ビザが簡単に取れるので穴場の移住先だったりもしますよ。

海外起業のメリット

・未開拓の市場に挑戦できる
・節税につながる
・市場規模が大きく、チャンスも大きい

海外起業のデメリット

・その国のビジネス文化やマナーを理解する必要がある
・手続きが思うように進まないこともある
・人件費が高くなることがある

【女性一人の海外移住】移住先を選ぶときのポイント5つ

女性一人の海外移住で住む国を選ぶときのポイント

ここまで、海外移住をする方法をまとめて見てきましたがいかがだったでしょう?

自分の理想的な海外移住の方法をイメージできたら、【女性が一人で海外移住しやすい国を見極めるポイント】を解説します。

女性一人で安全に海外生活を送るためにも、次のような点を意識して移住先を決めましょう。

1.国の情勢や治安が安定している
2.医療制度が整っている
3.日本人コミュニティーがある
4.女性の権利が守られている
5.自分がその国が好きである

1.国の情勢や治安が安定している

女性にとって一番気になるのは、治安・情勢・犯罪率ではないでしょうか?

2023年2月にはロシアとウクライナの戦争が始まり、世界中に衝撃が走りました。

移住先の情勢はどうなのか、近隣国との関係なども事前に情報を掴んでおきましょう。

各国の治安・情勢・犯罪率に関する情報は「外務省 海外安全ホームページ」」で確認することができますよ。

あわせて、住みたいエリアの治安や犯罪率もチェックしておくことをオススメします。

海外移住国を決めるなら、旅行を兼ねて一度はその国の現地視察をするといいでしょう。

2.医療制度が整っている

長期間海外に暮らすなら、現地の医療体制が整っている国を選ぶのがベストです。

特に日本は、他の国と比べても医療水準が高い国です。

保険制度も整っているので、小さな病気でも気軽に病院にかかることが出来ますよね。

一方で、他の国では必ずしもそれが当たり前ではありません。

特に、歯医者は日本のように保険が適用されている国は少ないようなのです。

そのため、歯の治療費はびっくりするくらい高額になることも…。

歯科治療は、海外移住前に必ず済ませておきましょう。

3.日本人コミュニティーがある

海外では、何かトラブルが起きた場合でも周りに頼れる人がいません。

そのため、いざとなったら頼れる「日本人コミュニティー」のある国を選んだ方がいいかもしれません。

特に、初めての海外移住では不安や危険が付きものですよね。

日本人同士なら、現地の情報を交換できたり、気軽に相談することができますよ。

「せっかく海外に来てまでも、日本人同士でつるむなんて…」と思われる方もいるかもですが、最初のうちは積極的に日本人会などに顔を出しておきましょう。

きっと、何かあった時の助けとなるはずです。

4.女性の権利が守られているか

女性の海外移住の場合、移住先で「女性の権利が尊重されている」必要があります。

男性と同様の権利が女性に与えられることは当たり前の考え方であるにもかかわらず、まだまだ多くの国で差別や賃金格差があるのが実情です。

例えば、サウジアラビアでは最近まで女性の運転も禁じられていました。

女性にも男性と同様の権利が認められている国を移住先に選べば、女性であるがゆえに感じていた理不尽さや抑圧から解放されて、きっと自分らしく生きられるでしょう。

5.自分がその国が好きである

最後に、移住先を決めるのに一番大切なことは「自分がその国を好きか(好きになれそうか)」です。

せっかく海外に住むと決めたのに、好きでもない土地で暮らすのはきっと辛くなってしまうでしょう。

あなたの肌に合う気候や口に合う食事は思った以上に重要です。

せっかくの海外暮らし、自分のお気に入りの地でセカンドライフを過ごしてみませんか?

女一人の海外移住でおすすめの国5選

女一人の海外移住でおすすめの国

それでは、ここからは具体的に【女一人の海外移住でおすすめの国】を厳選して紹介します!

1.オーストラリア
2.タイ
3.ドバイ
4.オランダ
5.フィリピン

それでは「女性が移住先を選ぶポイント」も交えながら、1つ1つ詳しく解説していきますね。

1.オーストラリア

「海外出稼ぎ移住先」として、今大注目の「オーストラリア」。

“日本の倍以上の最低賃金が稼げる”ようで、オーストラリアへ出稼ぎに行く日本人は年々増えています。

例えば、日本で月収25万円の介護士が、オーストラリアで同じ仕事に就くと”月収80万円”になることもあるようです。

日本とオーストラリア賃金比較
これはすごい格差…。日本で同じ仕事をするのがバカバカしくなってくるレベルだね…。

これを裏付けるかのように、なんと今現在日本人へのワーキングビザ発給数は過去最高になっています。

ワーキングビザ発給数参考:Yahooニュース

 

さらに、オーストラリアには大自然と美しいビーチもあり、住みやすい国であることは間違いありません。

そのため、オーストラリアには世界中からの移民が多く、人種のサラダボウルとも言われています。

話されている言葉も英語なので、現地に住みながら英語を習得することもできるでしょう。

治安に関しても、きちんと最低限気をつけるべきポイント(人気のない道を歩かない、夜1人でぶらぶらしないなど)を守れれば、女性1人で移住する分には心配ありませんよ。

2.タイ

タイ

微笑みの国「タイ」。

一年中暖かく、世界遺産などの見所も多いためか世界中から観光客が集まる観光大国でもあります。

あわせて、親切な国民性でもあることから居心地の良い国であることは有名です。

実際、世界中から多くの移住者がタイに移り住んでいますよね。

年齢層も幅広く、リタイヤ層から家族連れ、デジタルノマドまで、多くの人がタイの魅力にハマっています。

また、東南アジアならではの物価の安さで豊かな暮らしができるのも魅力です!

料理も安くて美味しい、しかもヘルシーなので、女性におすすめの移住先です。

3.ドバイ(アラブ首長国連邦)

ドバイ

中東の未来都市「ドバイ(アラブ首長国連邦)」。

石油で得た豊富な資金を元に、近年急速に都市開発が行われてきました。

元々は国土のほとんどが砂漠でしたが、現在は世界一高い建物「バージュ・カリファ」を始め、多くの世界記録が生み出されています。

そんなドバイ、なんと居住者の8割が外国人(移民)から成っている珍しい都市でもあります!

それは、ドバイがヨーロッパ、中東アフリカ、アジアを結ぶハブとして「ビジネスの中心」と なっているからでしょう。

税率も安く、世界中の人がビジネスチャンスを掴みにドバイ進出をしています。

もちろん観光にも力を入れているので、インスタ映えするようなスポットもあちらこちらに。

ドバイで生活するだけで、毎日インフルエンサーが投稿するようなキラキラした日常を撮ることができてしまいますよ!

治安も日本と同程度(もっといいかも…)なので、女性の海外移住にはかなりおすすめです。

現地でドバイの王族に見染められて結婚…?!なんて夢じゃないかもしれませんね(笑)

4.オランダ

オランダ

花咲き誇る開かれた国「オランダ」。

オランダは、世界において『報道の自由、経済の自由、人間開発指数、クオリティ・オブ・ライフ』の最上位国の一つでもあります。

子どもの幸福度ランキングでもトップになったこともあり、心豊かに暮らせる国という証拠でもありますね。

実は意外と知られていないのですが、オランダは日本人に非常に有利なビザを発行しています。

締結した「日蘭条約」の恩恵で、「起業家ビザ」が比較的優しい条件で取得で切るんですね。

・個人でビジネスをしている(個人事業主、有限会社など)
・4500ユーロ(日本円にして約60万円、2015年7月現在のレートで1ユーロ=約135円)以上を自らの事業に資本金として投資すること
・家族の同伴が最初から可能

「ゆくゆく子どもを持ちたい」と考えている女性にとっても、素晴らしい教育システムを持つオランダは非常に魅力的でもあります。

社会制度や労働環境が整っているオランダは、女性一人でも安心して生活できる国といえます。

5.フィリピン

フィリピン

陽気な人々と美しいビーチが有名な「フィリピン」。

フィリピンといえば「語学留学先」としても注目を集めている国でもあります。

物価も安く、欧米の1/3程の予算で英語が学べるため「留学先」としては大人気の場所になっているんですね。

実は、私も2011年に短期のフィリピン留学を経験しました!

フィリピン留学フィリピンの語学学校にて。

 

フィリピン人は陽気でフレンドリーで、しかも綺麗な英語を話せる人も多いため、語学力を伸ばすには最高の場所でした!

そして、常に温かいので一年中美しいビーチで遊び放題なのは本当に魅力的。

フィリピンはまさに今経済発展中なので、これからどんどん急成長するエネルギッシュな国です!

そんな国でパワーをもらいながら、ゆったりと暮らすのも幸せかもしれません。

女一人の海外移住で気を付けるべきポイントとは?

女一人の海外移住で気を付けるべきポイントとは?

「世界平和度指数(Global Peace Index)」によると、日本は世界で9位を誇るほど安全な国と言われています。※参考:経済平和研究所(IEP)

日本では、夜間に女性1人で歩いても何の問題もありません。

でも、それって実は本当に幸せなことなんです。

海外では、夜間に女性1人で出歩くと犯罪に巻き込まれる可能性がめっちゃ高い国だってあるんです。

これから海外移住したい女性は、海外の安全知識を誰もが持つべきだと思っています。

そこで、ここでは【女一人の海外移住で気を付けるべきポイント】を紹介します。

全ての項目に共通することは、「日本にいる感覚を捨てる」ことです!

・夜は一人で外出しない
・人気のない道を歩かない
・高価な服装、持ち物を持ち歩かない
・荷物を置いたまま席を離れない
・セキュリティの低い物件に住まない
・日本人に注意?!

夜は一人で外出しない

日本では、夜に1人で外出しても身の危険を感じることって少ないはず。

しかし、海外ではそうではありません。

日本のような感覚で外を歩いていると、犯罪に巻き込まれるリスクが大幅に上がります。

何か急用がない限りは夜一人の外出は避けましょう。

人気のない道を歩かない

こちらも、海外では暗黙の了解ですが人気のない道は避ける方が無難です。

人目につかないところで強盗や性犯罪に巻き込まれる事例も海外では沢山あります。

人気のない場所で誰かに襲われても周りに助けを求められないのって怖いですよね。

現地で危険なエリアを事前にリサーチしておき、そこの道は絶対に通らないように注意するようにしましょう。

高価な服装、持ち物を持ち歩かない

海外で街を歩くときには高価な服装や、高価な品を見せびらかすかのように持ち歩いてはいけません。

それは「私はお金がありますよ」と周囲にアピールしているようなものだからです。

犯罪者の「ターゲット」になるような、目立つ格好は極力控えましょう。

荷物を置いたまま席を離れない

これは日本人が結構海外でやってしまうNG行動です。

日本では治安がいいので、荷物をひったくられる可能性はかなり低いです。

しかし、席を離れるときに荷物を置いたままにすると海外では一瞬でなくなりますよ。

安全面に関しては「日本の感覚を捨てる」ことが大事です。

セキュリティの低い物件に住まない

女性の一人暮らしの場合、物件選びは慎重に行いましょう。

住むエリアの治安、警備員の有無などをきちんと確認して入居するようにしましょう。

海外での物件に困ったら、現地の不動産エージェントに相談すると女性のおすすめ物件を紹介してくれますよ。

日本人に注意?!

海外にいると、なぜか知らない人でも「日本人」というだけで心を開いてしまいたくなるもの。

しかし、あなたの目の前の知らない日本人はもしかすると詐欺師かもしれません。

不安に漬け込んで金を巻き上げる海外在住日本人は残念ながら存在します。

そのため、海外で日本人に声を掛けられても心を開きすぎないことが大切です。

投資の話やお金に関わる話をしてくるならそれはほぼ100%詐欺なので、すぐにその場を離れましょう。

悪い人はだいたい向こうから話し掛けてくるものです。

【実体験】実際に海外で怖い目に遭ったときの話

【実体験】実際に海外で怖い目に遭ったときの話

私は今まで30カ国程の国々へ渡航経験がありますが、ここで【海外で経験した、本当にあった怖い話】をお話ししますね。

それは、2012年頃にインドへ行ったときのこと。

当時の私は海外4カ国目くらいで、旅人としてはまだひよっこでした。

当時、海外に行くだけで浮かれ気分になってしまったこともあり、露出の高いショートパンツでデリーを歩いてしまったんです…。

ちなみにインドでは、女性は極力肌の露出は控えています。

みなさんお馴染みのインド民族衣装のサリーも、全身が覆われるような作りになっていますよね?

サリーを着て歩くインド人女性。サリーを着て歩くインド人女性。

 

そんなことにも気付かない旅人初心者の私は、うっかりショートパンツで観光に出掛けてしまいました。

すると、、、

やたら隠し撮りをされる。しかも、男性から。

よく見ると、足ばかりを写しているではありませんか!!!

ゾッとしたので、すぐにリキシャーと呼ばれる人力車に乗ってその場を離れようとしました。

しかし、そのリキシャーのおじさんの手がスルスル私の太ももへ…。

インドの痴漢はめっちゃ堂々としていて腹が立ちます(笑)

ですが、この場合はインドで無防備な格好をした私が悪かったのです。女性の場合、国によってはこのような「セクハラ」を受けることがあります。

この件も、私がうっかりその土地の文化を無視して肌を露出したことが原因です。

「郷に入れば郷に従え」ということわざの通り、その国の文化やマナーを守って生活することは非常に大切です。

この件で一つ学ぶことが出来ました。

今考えると、レ○プされなくて本当に良かった…。

インド リキシャーインドのリキシャー

まとめ:海外移住前に最低限の「英語」は学んでおこう!

まとめ:海外移住前に最低限の「英語」は学んでおこう!

いかがだったでしょうか?

自分のお気に入りの国を見つけられたでしょうか?

海外移住は海外旅行とは異なります。

しっかり現地に根を張って暮らしていく訳ですから、事前準備や情報収集は欠かせません。

現地でのリアルなイメージを持つためにも実際に足を運んで「下見」することは重要です。

また、せっかく現地へ行ったのに、あまりに孤独で日本へ帰国する人も少なくありません。

海外移住を楽しむためにも、日本にいるうちから英語を勉強しておくといいでしょう。

そして、海外でトラブルが起きたとしても、最低限の日常会話ができれば一人で解決することができるはずです。

以下の記事では、初心者におすすめのオンライン英会話を紹介しています。

※すみません。記事は只今準備中です。

「現地で仕事がしたい!」という方はもちろんのこと、「友達が欲しい」、「恋人を作りたい」と考えている人も是非英語を学んでみてはいかがでしょう?