海外で働く PR

【知らなきゃ損する】海外移住に必要な英語力と効率的な勉強方法

海外移住したいけど、どれくらの英語力が必要なの?
海外移住するのに必要な英語力を身に付けたい!効果的な勉強方法があれば教えて欲しいな〜

こんな疑問に答えます。

円安・物価高騰で経済低迷中の日本で、近年「海外移住」を考える人が増えています。

海外移住と言えば「英語力」が求められるイメージがありますが、一体どれくらいのレベルが必要なのか気になりますよね。

私もかつては、どれくらいの英語力を身に付ければいいのか分からず、英語学習の一歩をなかなか踏み出せずにいました。

今考えると、ハッキリ言ってその時間は「無駄」でした。

早く目標を見つけ出し、ゴールに向けて行動した方が圧倒的に早く夢が実現できるんですよね。

だからこそ、過去の私のように無駄な時間を過ごさないよう、本記事では【海外移住に必要な英語力と効率的な勉強方法】を徹底解説します!

本記事を読むことで、「正しい学習方法×正しい努力」で、自分に必要な英語力を最短で身に付けることが出来るはずです。

英語という素晴らしいスキルを身に付けて、豊かな暮らしを手に入れましょう!

英語力ゼロでも海外移住はできるのか?

英語力ゼロでも海外移住はできるのか?

まず結論から言うと、英語力がなくても海外移住はできます。

なぜなら、その国の「ビザ」さえ取得できれば、私たちはどこの国でも住むことができるからです。

しかし、問題なのは『現地で生活ができるかどうか』。

英語力が全くのゼロの状態では、海外生活は正直ハードだと思った方がいいでしょう。

なぜなら、あなたが現地で生活していく上で、英語でコミュニケーションを取らざる得ない場面があるからです。

例えば、

・スーパーでの買い物
・病院を受診するとき
・公共交通機関利用時
・トラブル発生時
・近所付き合いetc…

これらのシーンでは、どうしても「英語」が必要になってきますよね。

よく日本の駅やコンビニなどで、日本語が話せない外国人が困り果てている姿を見るかと思います。

もし、あなたが英語力ゼロで海外移住したら、恐らく彼らのようになってしまうはず。

よって、生きるために必要な「サバイバル英語」は、海外移住で求められる英語力の最低ラインだと思っておいた方がいいでしょう。

海外移住を考えているなら、現地で生きていく上で最低限必要な英語フレーズを覚えていくことをおすすめします。

サバイバル英語フレーズの例

(買い物)
・I’m looking for 〜 (~を探しています。)
・Could you give me a little discount? (もう少し安くしてもらえませんか?)
・Do you accept credit card? (クレジットカードは使えますか?)

(病院)
・I have a fever. Can I see doctor? (熱があるんです。診てもらえますでしょうか?)
・I have been having a strong headache for one week.(この1週間、強い頭痛に悩まされています)
・I have no allergies.(アレルギーは何もありません。)

(トラブル)
・Please call the police.(警察を呼んでください。)
・Please help me.(助けてください。)
・My bag was stolen. (バッグを盗まれました。)

また、海外移住を続けているうちにその国に「永住」したくなることもあるかもしれません。

そのような場合だと、国によっては「英語力の証明」が必要になることがあります。

例えば、以下の国々では永住権取得にある程度の英語力の証明をしなければなりません。

・イギリス
・カナダ
・オーストラリア
・ニュージーランドなど

永住権取得の目安…IELTS(世界的に認められた英語運用能力試験)で6.0〜6.5の英語力
※IELTS 6.0:英検準1級、TOEIC740~820点レベル
参考:IELTS 海外移住のスコア目安

このように、ゆくゆくは英語圏に永住したいと考えているなら、計画的に英語力を身に付けることが大事です。

今はまだ、将来の永住権は考えていなくても、いつかのタイミングで色々な選択肢を残せるよう常に英語をブラッシュアップしておきたいものですね。

海外移住で英語ができるメリット5選

海外移住で英語ができるメリット5選海外移住は、英語ができなくても可能ではありますが、海外に住むなら英語力はあるに越したことはありません。

では、海外移住の際に英語ができると、どのような良い点があるのでしょう?

以下に【海外移住で英語ができるメリット】を5つまとめてみました。

・現地で友達ができる
・その国の文化や価値観を学ぶことができる
・仕事の幅が広がる
・トラブルに巻き込まれるリスクが減る
・自信を持つことができる

1.現地で友達ができる

せっかく海外に住んでも、現地の人とコミュニケーションができなければ仲良くなることはできません。

それって、とても勿体ないですよね。

反対に、英語を使って現地で友達ができると、驚くほど海外移住が楽しく充実します。

現地の人と友達になることで、彼らから違う価値観を学ぶことができ、あなた自身の視野を広げることにも繋がります。

国境を超えた友情は、あなたの人生を豊かにしてくれるに違いありません。

もちろん、海外で友達を作る時は英語が完璧でなくても大丈夫です。

相手の言葉を理解し、自分の気持ちを簡単な言葉で伝えることができれば友達になることができるでしょう。

現地の友人たちとの友情は、たとえあなたが将来日本に帰国することになっても一生続くものになるはずです。

国境を越えた友情 (ウズベキスタン)国境を越えた友情 (ウズベキスタン)

2.その国の文化や価値観を学ぶことができる

せっかく海外移住をするなら、その土地の文化や歴史、価値観をしっかり肌で感じることをおすすめします。

「百聞は一見にしかず」という有名なことわざがあるように、現地で暮らさないと分からないような面白い発見もあるでしょう。

また、選んだ移住先は少なからずあなたが「好き」もしくは「興味のある」場所だと思います。

その国のことをもっとよく知って、日本との違いを楽しんでください!

その国の文化や価値観の違いを楽しめるようになれば、あなたの海外移住は成功したようなものです。

3.仕事の幅が広がる

海外で生活していく上で、やはりお金は大切です。

デジタルスキルを持っていれば、日本の仕事をそのまま海外でこなして給料を得ることができます。(エンジニア、デザイナー、ライターなど)

しかし、実際はそのような特別なスキルを持っていない人も多いでしょう。

そうなると、現地で就職する必要があります。

現地で仕事を見つけるのは、簡単なことではありません。

特に、日本語しか話せない人ができる仕事はかなり限られてしまいますよね。

同じように日本語しかできない移住者たちも、同じ案件に応募することになるので競争率も高いでしょう。

そうなると、自分で求人を見つけて応募し、面接などを経て仕事を獲得するまで時間がかかってしまう可能性があります。

そんなとき、英語ができれば仕事の幅もグッと広がります。

日本語しかできない人よりも、はるかに簡単に仕事を見つけることができますよ。

4.トラブルに巻き込まれるリスクが減る

海外は想像以上にトラブルに巻き込まれます。

なぜなら、日本ほど治安が良くてインフラが整っている国はないからです。

例えば、以下のようなトラブルは日本ではあまり聞かないはずですよね。

・道端でひったくられる
・お店でぼったくられる
・引っ越し先の家で水漏れが頻繁に起きる
・停電
・電車やバスが時間にこないetc…

日本ではあたりまえに上手くいくことも、海外ではスムーズに行かないことの方が多いです。

その度に、あなたは自分自身で問題を解決しなければなりません。

英語ができればスムーズに交渉ができますが、英語ができないと泣き寝入りせざるを得ません。

結果的に、あなたが損をしてしまうので英語はできるに越したことはありません。

5.自信を持つことができる

最後に、英語を話せることで「自分に自信が持てる」ようになるでしょう。

例えば、今までこのように感じていた人も

私には何も取り柄がない…。

というように感じていた人も、英語ができるようになればあなたの「得意」ができます。

しかも、日本へ帰れば「英語が流暢に話せる人」は少ないので、自分の英語力を使って活躍できるでしょう。

それに、海外に住んで英語を身に付ける過程はきっと簡単な道ではなかったはず。

そのような困難を乗り越えて「英語力」という素晴らしいスキルを身に付けたあなたは、きっと自己肯定感も上がっているはずです。

英語はあなたのマインドさえも成長させてくれる素晴らしいものですよ。

海外移住で英語ができないデメリット5選

海外移住で英語ができないデメリット5選海外移住で英語ができるに越したことはない、とお伝えしてきました。

一方で、英語ができないまま海外移住すると、どのような「デメリット」があるのでしょう?

以下に、【海外移住で英語ができないデメリット】を5つまとめてみました。

・悪い人に騙される
・孤独を感じやすい
・仕事が見つからない
・トラブルが解決できない
・病気や怪我で適切な治療が受けられない

1つずつ詳しく解説していきますね。

1.悪い人に騙される

海外では、見知らぬ土地に来た私たちを歓迎する人もいれば、悪い考えを持って近付いて来る人もいます。

特に、初めての海外移住では土地勘もなく、知り合いもいないため不安になりますよね。

その不安に漬け込んで騙そうとしてくる悪い人もいます。

ここで少し私の経験談ですが、2014年頃にインドネシア・バリ島に行ったときの話。

インドネシア・バリ島インドネシア・バリ島

デンパサールの街を歩いていたら、やたら日本語で話しかけてくる怪しいインドネシア人に出逢いました。

怪しい男
怪しい男
コンニチハ〜!トーキョー?オーサカ?カワイイ〜
YURI
YURI
…。
怪しい男
怪しい男
イチバン人気のオミヤゲヤニツレテッテアゲルヨ!有名な人イッパイお店キタ!○○(芸能人の名前)もキタヨ〜

こんな感じで、何やら怪しい宝石店に連れて行かれ、芸能人と一緒に写った写真を何枚も見せられました…。

そして、バリの物価からするとめちゃくちゃ高い宝石を売りつけられそうになったことがあります。

帰国後、「地球の歩き方」を読むと、このようなぼったくり事件が跡を経たないと記載されていたんですね(汗)

声を掛けられた場所も客引きの方法も、全く同じ手口で笑いました。(笑)

幸い、私はそれまでに海外渡航経験があったので、すぐに「怪しい」と疑うことができました。

しかし、海外初心者であれば簡単に引っかかってしまうかもしれないような事件でしたね。

このように、海外では怪しい人は大体「コンニチハ〜」と片言の日本語で話し掛けてきます。

現地で知り合いもおらず、英語が話せないと日本語を話す彼らに心を開いてしまい、最終的には痛い目を見ることになるでしょう。

また、現地であなたを騙して来るのは外国人だけではありません。

同じ日本人でも、海外移住者を安心させてお金を騙し取る悪い人がいます。

せっかく夢を持って海外へ来たのに、お金を騙し取られて帰国せざるえなくなったら本末転倒ですよね。

以下に【海外で気を付けるべき人の特徴】をまとめたので、海外へ行く際には参考にして下さいね。

海外で気を付けるべき人の特徴

・日本語であちらから話しかけてくる
・やたら投資話を持ちかけてくる人
・同じ日本人でどんな仕事をしているか分からないような人

ちなみにですが、英語を学ぶとこのような詐欺に引っかかりづらくなります。

なぜなら、英語を学ぶことで正しい情報を得やすくなるからです。

結局、海外では「現地語」もしくは「英語」でしか正しい情報が取得できないんですよね。

このような理由もあり、海外移住者はみんな英語を習得すべきなのです。

2.孤独を感じやすい

あなたは、なぜ海外移住者の半数が3年以内に帰国してしまうのか知っていますか?

それは、「孤独だから」という理由が圧倒的に多いんです!

面倒臭い人間関係に縛られない反面、現地に馴染むこともできず、孤独で病んでしまう人も沢山いるのが現実です。

しかし、英語が少しでも話せれば、現地で友達を作ることができます。

そして、そこのコミュニティーに入ることができれば、あなたの海外移住者生活はとても楽しく、充実したものとなるでしょう。

3.仕事が見つからない

海外で仕事を見つけることは、決して簡単なものではありません。

そもそも英語が話せないと、現地で働く選択肢が狭まるというのは想像しやすいでしょう。

また、海外で「英語が話せなくてもできる仕事」って、実は単純労働ばかりで給料もあまり期待できないんですよね。

つまり、「誰でもできる仕事」である場合がほとんどです。

当然、面接を受けるのにもライバルが多いですし、仕事を見つけるのも大変です。

「海外で稼ぎたい!」、「グローバルな環境で働きたい」と考えている人こそ英語を習得すべきなのです。

4.トラブルが解決できない

海外に住むと、日本では考えられないトラブルが多々起こります。

例えば、引越した初日から水漏れが起こったり、停電なんかも頻繁に起こります。

そんな時、あなた自身が大家さんに事情を話してトラブルの解消をしなければなりません。

その際に英語が話せないと、本当に苦労します。

最悪の場合、あなたが我慢をしなければならなかったり、泣き寝入りしてしまうこともあるでしょう。

結果的に損をするのは「自分」なんですよね。

何か起きた時にトラブルを解決できるレベルの英語力は、海外移住で必須だと言えます。

5.病気や怪我で適切な治療が受けられない

海外で病気や怪我をしてしまったら、病院で治療を受けることになるかと思います。

治療を受ける時も、症状や怪我の状態を詳しく説明しなければ、適切な治療ができなくなってしまいますよね。

適切な治療が受けられないことで、自身の健康に悪影響が出てしまう可能性もあります。

そのようなことが起こらないためにも、日本にいるうちから英語を学んでおくことが重要なのです。

特に、病気などの症状を伝える英語は少し専門的なものもあるので、フレーズごと丸暗記してしまうことをおすすめします。

病院で使える英語フレーズ

・I’m feeling sick. (具合が悪い感じがする)
・I have had a fever for ◯ days.(◯日前から熱があります)
・I have a runny nose.(鼻水が出る)
・I feel severe nauseous.(ひどい吐き気があります)
・I threw up 1-2 times last night.(昨夜1、2回嘔吐しました)

【目的別】海外移住に求められる英語レベル

【目的別】海外移住に求められる英語レベル
海外移住するなら英語力はあった方がいいのは分かった。けど、どのレベルまで身に付けた方がいいの?

結論から言うと、「海外で働くかどうか」、「外資系企業か日系企業企業か」によって求められる英語レベルも異なります。

海外移住の目的求められる英語レベル
現地で働かない簡単な日常英会話程度
(TOEIC300~450)
現地の日系企業で働くor
英語をほとんど使わない仕事
日常英会話レベル
(TOEIC450~600)
現地企業、外資系企業で働くビジネス英会話+流暢な日常英会話レベル
(TOEIC800〜/IELTS6.5以上)

ざっくり3つの段階で英語習得レベルを分けてみました。

①現地で働かない場合

まず、リタイア移住やノマドワーカーなど、現地で働かない場合は「簡単な日常会話レベル」でOKです。

現地で仕事をしないので、ビジネス英語や専門的な英語は使わないため、比較的英語力がなくても海外移住はできてしまいます。

ノマドワーカーも日本企業がクライアントであれば、日本にいる時のように英語を使わずに仕事ができるので英語も使う機会がないでしょう。

しかし、海外にいる以上、日常生活を送る上で最低限の英語は使わなければなりません。

以下の場面では、「生きていくために必要なサバイバル英語」はしっかりと話るようになっておくことをおすすめします。

日常で英語を使う場面

・スーパーでの買い物
・公共交通機関を利用するとき
・近所付き合い
・管理人(大家さん)との交渉
・病院受診

簡単な日常会話でいいとはいえ、何かトラブルや病気などの緊急時には英語が話せないと困ることが多いのも事実。

やはり、現地で仕事をしなくても中級レベルの英語力は身に付けた方が安心でしょう。

②現地の日系企業で働く、もしくは英語を使わない仕事

海外の日系企業で働く場合には、「英語と日本語の両方を使う場合(営業職など)」と「ほとんど英語を使わない場合(事務や経理など)」があります。

後者の場合には、『日常英会話レベル(TOEIC450~600)』でも大丈夫でしょう。

もちろん英語力があるに越したことはありませんが、中級レベルでも専門スキルを使って仕事ができれば問題はありません。

もし、会社内で現地の外国人がいても、彼らは日本企業の風土や日本文化などもよく理解しています。

そのため、多少英語が拙くてもコミュニケーションを取りやすいよう簡単な英語を使ったり、覚えたい日本語でコミュニケーションをとってくれることもあります。

反対に、いくら日本企業と言っても「流暢な英語と日本語(バイリンガル)」が求められることもあるでしょう。

特に、日系企業でもガンガン海外進出したいと考えている場合には、英語ができる人を採用したがります。

そうなると、求められる英語力はかなり高度なものとなるので注意が必要です。

また、英語を使わない仕事をする場合にも「基本的な日常英会話ができるレベル」でOKです。

例えば、以下のような仕事であれば、ほとんど英語は使わずに仕事ができますよ。

英語を使わない仕事の例

・日本人顧客向けのコールセンター
・清掃員
・工場の組み立て作業員
・日本人向けツアーガイド
・料理人etc…

③現地企業、外資系企業で働く

外資系企業で働きたい人・海外起業を考えている場合には、『高度で専門的な英語力』が求められます。

目安としては、

・ビジネス英会話
・流暢な日常英会話レベル(TOEIC800〜/IELTS6.5以上)
・専門的な英語(業務に使用する)

このレベルは最低限求められます。

海外の現地で仕事をするということは、現地人や各国から来たビジネスパーソンと肩を並べて仕事をすることになります。

会議だけでなく、商談やプレゼンを求められることもあるでしょう。

そんな場面でも対応できる英語力がないと、まず仕事になりません。

上司・同僚もほとんどが外国人なので、彼らと円滑にビジネスを進めていくためにもユーモアの混じった日常英会話ができるとベストです。

ここまでのレベルに到達するには、かなりの努力が必要ですし道のりは長いでしょう。

しかし、ここで諦めないで下さい!!!

続いての章では、今紹介した3つの目的に合わせた【効率的な英語学習方法】を紹介していきますね。

海外移住で必要な英語を身に付ける効率的な学習方法

海外移住で必要な英語力を身に付けるおすすめの学習方法
ここからは、【海外移住で必要な英語を身に付ける効率的な学習方法】を、目的に合わせて紹介していきます。

海外移住の目的目標レベル/学習方法
現地で働かない目標レベル:簡単な日常英会話程度
学習方法:テキスト(本)でフレーズを学ぶ
現地の日系企業で働く、
英語をほとんど使わない仕事
目標レベル:基本的な日常英会話(TOEIC450~600)
学習方法:オンライン英会話でアウトプットしながら学ぶ
現地企業、外資系企業で働く目標レベル:ビジネス英会話+流暢な日常英会話レベル(TOEIC800〜/IELTS6.5以上)
学習方法:フィリピン短期留学かコーチングで学ぶ/資格取得に挑戦する

これらを詳しく解説していきます。

【簡単な日常英会話】を身に付けるための勉強法

現地では働かないけど、最低限の英語を身に付けてから移住したいな〜

という方向けに、まずは【簡単な日常英会話を身に付けるための効率的な勉強法】を解説します。

・日常会話フレーズ集を1冊購入し、繰り返し読んで覚える

シンプルですがフレーズ集を1冊丸々暗記するくらいやり込むことがポイントです。

これさえしっかりできれば、簡単な日常英会話はすぐに身に付けることができます。

また、英語初心者の場合は正しい発音も一緒に学んだ方がいいので、できれば音声付きのものを選んだ方がいいです。

そして、読む際には必ず音声を一緒に聞いて、シャドーイング(音声の後に続いて発音を真似る)しながら覚えていきましょう。

何度も繰り返しているうちに、正しい発音や単語も身に付いていきますよ。

例えば、以下のような参考書ならしっかり音声を聞きながら必要な英語を網羅できます。

created by Rinker
¥1,760
(2024/06/15 13:48:52時点 楽天市場調べ-詳細)

できれば、本がボロボロになるまで繰り返し続けていくことがポイントです。

本の中で出てきたフレーズなどをある程度覚えてきたら、日本にいるうちから独り言のように「こういう場面では何て言うかな?」とイメージしながら使ってみましょう!

こうすることで、現地でも応用して英語を話すことができるようになりますよ。

まとめ

・日常会話フレーズ集を1冊購入し、繰り返し読んで覚える
・できれば音声付きのものを選ぶ
・読む時にはシャドーイングしながら行う
・ある程度覚えてきたら、実際の生活でイメージしながら使ってみる

【基本的な日常英会話】を身に付けるための勉強法

基本的な日常会話は話せるようになっておきたい!

という方向けに、続いては【基本的な日常英会話を身に付けるための効果的な勉強法】を紹介します。

・中学卒業〜高校までの英文法を徹底的におさらいする(テキスト1冊でOK)
・オンライン英会話の日常会話コースを受講する

基本的な日常英会話をマスターしたいのであれば、まずは1冊何でも良いので「英文法のテキストか本」を買って徹底的に文法をおさらいします。

文法は英語を話す上で土台となるので、しっかり覚えましょう。

また、英語は「良質なインプット+アウトプット」を同時に行うことで、効率的に伸ばせます。

そこでおすすめなのが、「オンライン英会話」です!

英会話教室に通うよりもコスパ良く、毎日いつでもどこでも続けられるのがポイント。

サービスコスパ比較(マンツーマンレッスンの場合)
英会話教室2,000円〜5,000円/1レッスン
オンライン英会話200〜267円/1レッスン

ゼロが一桁違いますね…!!

レッスンでは、学んだ英文法を使いつつ「日常英会話」を繰り返し講師とロールプレイングを行うといいですよ。

オンライン英会話のほとんどは、「日常英会話コース」を設けているので、そのコースを選んであとはカリキュラムに沿って学んでいけばOKです。

まだオンライン英会話を始めていない人は、別記事「【超初心者向け】おすすめのオンライン英会話ベスト3!【体験談あり】」でおすすめのスクールを紹介しているので参考にして下さいね。

【超初心者向け】おすすめのオンライン英会話ベスト3!【体験談あり】超初心者におすすめのオンライン英会話を探していませんか?本記事では、TOEIC300点台から英検準1級レベルまで這い上がった私が【超初心者向けのおすすめオンライン英会話】を紹介します。あわせて「正しい学習方法」も解説しているので、これから英語学習を始める方は必見です!...
まとめ

・中学卒業〜高校までの英文法を徹底的におさらいする(テキスト1冊でOK)
・同時並行でオンライン英会話の日常会話コースを受講してアウトプット
・できれば最初に発音矯正してもらうと効果的
・レッスン前後に必ず予習・復習をする
・単語帳も1冊買って繰り返せばボキャブラリーも増えるのでおすすめ

【ビジネス英語+高度な日常英会話】を身に付ける勉強法

現地で就職してバリバリ働きたい!

という人向けに、最後は【ビジネス英語+高度な日常英会話を身に付ける勉強法】を解説します。

・大学までの英文法を徹底的におさらい
・オンライン英会話/英語コーチング/フィリピン短期留学で短期集中的に伸ばす
・並行して単語も覚えていく(1冊購入し、繰り返す)

まずは、大学入試レベルまでの英文法をしっかりおさらいします。

こちらも、1冊のテキストか本を購入しボロボロになるまでシャドーイングしながら暗記します。

created by Rinker
¥1,980
(2024/06/15 21:52:45時点 楽天市場調べ-詳細)

また、同時にアウトプットを行うことで効果も現れやすくなるため、「オンライン英会話」も一緒に始めることをおすすめします。

オンライン英会話もビジネス英語が学べるスクールを中心に探し、レッスンを必ず毎日受講します。

ビジネス英語が学べるオンライン英会話

【Bizmates(ビズメイツ)】
ネイティブキャンプ
レアジョブ英会話

また、すぐにでも英語力を伸ばす必要がある場合であれば「英語コーチング」を始めるのも1つの方法です。

オーダーメイドカリキュラムなので、自分の目標レベルまで最短に伸ばすことができます。

また、オンライン英会話とは異なり「効果のでる学習方法」もしっかり伝授してくれるので、たとえコーチングが終わっても一生使うことができますよ。

少々高額にはなりますが、それだけの絶大な効果を感じることができます。

まずは無料相談で自身の目標レベルを伝えてカウンセリングをしてもらうといいですよ。

さらに、時間に余裕があるなら「フィリピン短期留学」もおすすめです。

フィリピンは欧米の1/3のコストで、マンツーマンでがっつり英会話を伸ばせます。

クラスも1回50分を8コマ取ることができたり、授業内容も、

・文法
・発音
・リーディング
・ライティング
・ビジネス英語
・TOEIC/IELTS対策

など幅広く学ぶことが可能です。

海外就職のために資格が必要なら、「TOEIC集中コース」や「IELTS集中コース」なども設けている学校もあるので要チェックです!

フィリピン留学ならラストリゾート

 

まとめ

・大学までの英文法を徹底的におさらい
・オンライン英会話のビジネスレッスンを受講する
・より短期で成果を出したい人、資格取得したい人は「英語コーチング」か「フィリピン短期留学(3ヶ月〜半年)」で短期集中で伸ばす
・並行して単語帳を1冊買ってボキャブラリーを増やす

まとめ:日常英会話はたった1年でマスターできる

まとめ:日常英会話はたった1年でマスターできる

いかがだったでしょう?

海外移住と言っても、移住の目的は人それぞれ。

仕事、セカンドライフ、海外起業など、目的によっても必要な英語力は異なります。

いま英語力がゼロでも、今日から学習を始めれば3ヶ月で簡単な日常会話は話せるようになります。

さらにしっかり学べば、1年で日常英会話はマスターできるはずです。

あとは自分のやりたいことが実現できるレベルへ到達するよう、移住先で学びながら暮らせばOKですよ。

最初から完璧を目指さず、生きていくのに必要な最低限の日常英会話ができたら「海外移住」にチャレンジしてみましょう!

最低限の日常英会話を身に付けるために、日本にいるうちから「オンライン英会話」を使ってコツコツ学習してみて下さいね。

【超初心者向け】おすすめのオンライン英会話ベスト3!【体験談あり】超初心者におすすめのオンライン英会話を探していませんか?本記事では、TOEIC300点台から英検準1級レベルまで這い上がった私が【超初心者向けのおすすめオンライン英会話】を紹介します。あわせて「正しい学習方法」も解説しているので、これから英語学習を始める方は必見です!...
【全て実体験】人気オンライン英会話3社を辛口比較してみた結果 こんなお悩みはありませんか? 過去の私もオンライン英会話を選ぶ際、どこも似たようなサービスでとても悩んだ経験があり...