TRAVEL PR

語学力なしは海外移住を諦めるべき?【結論:日本語のみの仕事を探せばOK】

海外移住することが夢!でも語学力に自信がない…。
英語や現地語ができなくても、海外で仕事できるのかな?
日本語のみで働ける海外求人を探している

こんなお悩みに応えます。

近年、コロナの影響によるリモートワーク推進企業の増加に伴い、場所にとらわれない働き方が注目されています。

今後は、首都圏から固定費の低い地方や海外移住を希望する人が増えてくるのではと言われています。

しかし、日本だけでなく海外に出て仕事をしてみたい人が沢山いるにも関わらず「海外移住」を実現できない人が多いのはなぜでしょう?

それは、「海外で仕事をする=ハードルが高い」と思い込んでいるからです。

語学に自信がない、もしくは海外で仕事できるようなスキルを持っていないという理由で、一歩を踏み出せないでいる人は多いのではないでしょうか。

「語学・スキルがない=海外就職・海外移住を諦める」のは、

もったいないです!!!

実は知らないだけで、海外でも日本語のみでOK(もしくは最低限の語学力)で働ける仕事は結構あるのです。

この記事では、「語学力に自信がないけど、海外移住して現地で働いてみたい方」「日本語のみで働ける求人を探している人」へ向けて詳しく解説していきます。

この記事で学べること
・語学ができなくても海外で働ける?
・【海外移住】日本語で働ける仕事とは?
・日本語のみでOK・資格不要な求人の探し方

語学ができなくても海外で働ける?

語学ができなくても海外で働ける?

結論から言うと、語学力や資格がなくても海外で働くことは可能です。

海外で「日本語のみでOK」な求人は、実は結構あるんです。

しかし、やはり給料が高く良質な求人は「語学力・特別なスキル(資格など)」が条件であるのは確かです。

だからと言って、「語学力に自信がないから」、「特別なスキルがないから」という理由で海外移住する夢を諦めてしまうのはもったいないと思います。

日本から出て海外で働く経験は、国際感覚を養い、日本人として世界に通用する武器を見つけるチャンスになるかもしれません。

いきなり海外駐在や現地語でバリバリ働く道を目指すのではなく、まずは海外生活に慣れるためにも日本語でもOKな仕事を入り口に挑戦してみてはいかがでしょう。

【海外移住】日本語で働ける仕事とは?

【海外移住】日本語で働ける仕事とは?
海外なのに日本語のみで仕事できるって本当?

などの疑問もあるかもしれませんね。

日系企業が多数進出している地域(東南アジアなど)では、企業進出に伴い多くの日本人も現地に移住してきます。

そうなると、日本人向けのサービスの需要が高まりますよね。

つまり、お客さんが日本人ということは、基本的に日本語で対応すればOKということになります。

それでは、海外で日本語だけでも働ける仕事を紹介していきます。

・日本食レストランのシェフ・ウェイター
・コールセンター
・日系企業の事務職
・日系企業の営業
・保育士または幼稚園教諭

それでは詳しく解説していきます。

日本食レストランのシェフ・ウェイター

日本食レストランのシェフ・ウェイター

日本食レストランでは、現地で駐在・生活する日本人が多く来店します。

そのため、ウェイターは日本人に対しては基本的に日本語で対応OKです。

しかし、現地のお客さんが来店した場合には最低限の接客用語は覚える必要はありますが、簡単なフレーズを覚えればいいだけなのでそこまで語学力がなくても大丈夫です。

シェフは基本的にキッチンでの仕事になるので、日本語だけでOKです。

コールセンター

コールセンター

主に東南アジアで需要が高いコールセンター。

こちらも日本人向けの対応であれば日本語のみで仕事ができます。

「語学力不問・資格なし」で求人応募できる可能性が高いのもこの仕事です。

日系企業の事務職

日系企業の事務職

ある程度事務の経験があるなら、海外にある日系企業の事務職として働くのもおすすめです。

事務職も仕事内容は日本にいる場合とほぼ変わらないので、日本語だけで仕事することが可能です。

日系企業ならある程度お給料も安定しているので、海外でも安心して生活しやすいですね。

日系企業の営業

日系企業の営業

海外にある日系企業は、現地企業・現地日系企業に営業することがあります。

現地日系企業に営業する会社だと、日本語だけで営業すればいいので語学力は求められません。

営業経験がある、もしくは未経験だけど営業に興味がある人は、求人サイトで「海外営業」を探してみてはいかがでしょうか?

海外営業はニーズが高いので、沢山の求人を比較することができますよ。

保育士または幼稚園教諭

保育士または幼稚園教諭

海外でも、保育園・幼稚園はニーズが高い仕事です。

日本人の多く住むエリアでは、日系の保育園や幼稚園があるのでそこで求人募集があるそうです。

日本の幼稚園教諭免許・保育士の資格が必要になる場合が多いですが、探してみると資格不要な場合もあるようです。

語学力は不要なので、日本語のみで仕事することは可能です。

日本語のみでOK・資格不要な求人の探し方

日本語のみでOK・資格不要な求人の探し方

仕事を見つける方法としては、

・現地で探す
・知り合いの紹介
・求人サイトに登録する

などがあります。

「現地で探す」場合には、語学力がある程度ないと求人を見つけても交渉などに苦労する場合があります。

「現地に知り合いが住んでいる場合」には、紹介してもらえそうな求人がないか相談してみるのもいいですね。

残念ながら、海外に頼れる知り合いがいない場合には「求人サイトに登録する方法」が一番オーソドックスな方法になるかと思います。

先程紹介したような仕事で興味のあるものが見つかったら、求人サイトで実際の求人を確認してみましょう。

実際の求人を見てみることで、仕事内容・勤務時間・雇用条件・給料などがリアルにイメージできます。

日本語OKな求人情報を探せるおすすめの求人サイトはある?

おすすめは以下のとおり。

RGF HR Agent:中国、東南アジア地域の語学力不問の求人情報を見ることができます。オセアニア、中東などの求人も掲載していますが語学力は必要になるので注意。

 

ABROADERS CAREER(アブローダーズキャリア):東南アジアの企業求人を豊富に掲載。求人検索する際には「こだわり」に「語学力不要」にチェックを入れて探してみるのがポイント。

 

カモメアジア転職:アジア全般からオーストラリア、ドバイなどの求人を多数掲載。もちろん語学力不問の求人も豊富に紹介されています。

 

登録は無料なので、気軽に登録して海外移住や仕事探しについて相談に乗ってもらうのもいいかもしれません。

もしも、「スキルを磨いて海外駐在を狙いたい!」といった場合にはこちらの記事で【海外駐在したい人向け・海外でも働けるスキルをつけたい人向け転職エージェント】を解説しています。

【海外移住したい人向け】おすすめ転職エージェント海外移住するために、転職を考えていませんか?この記事では、海外移住を実現できる働き方・キャリア形成・おすすめの転職エージェントを紹介します。海外移住を実現する方法は沢山ありますが、一番の近道は日本じゃないとできない仕事をやめること。海外移住のために転職を考えている人は必見です。...

せっかく海外移住・就職するなら、誰にも負けないスキルを付けよう

せっかく海外移住・就職するなら、誰にも負けないスキルを付けよう

いかがだったでしょうか?

日本語のみでOKな仕事って、実は意外と多いですよね。

だからと言って、ただなんとなく海外移住をして現地でずっと日本語だけで仕事していくのはおすすめできません。

理由は、単純に自分にスキルが身に付かないから。

少し厳しい言い方をしてしまうかもしれませんが、仮に現地の日本食レストランで働いていても日本で居酒屋でバイトしているのとではあまり変わらないです。(少し現地語の接客フレーズを覚えられるくらい)

海外移住の入り口として、そのような環境で働くのはOKだと思いますが、慣れてきたら自分なりに努力して徐々に仕事もステップアップすべきかと思います。

例えば、日本食レストランで働く場合は、

・休日に英語や現地語を学んで、ネイティブレベルまで極める。
・調理師免許を取ってより待遇の良いレストランに転職する
・現地起業する

など。

せっかく現地で経験を積んでも、日本に帰国してから再就職に苦労する人が多いのはスキルを身に付けず帰国してしまうからです。

海外移住や現地で働く経験を大きな財産にするために、「誰にも負けない強み」を身に付けましょう。

終わり!
Adios

ABOUT ME
Yuri
女同士で0歳の娘を子育て中! 大好きな家族と旅するように生きることが目標。 2030年までに「ノマドワーカー」になり海外移住します。 『女同士の妊活・子育て』『海外移住・旅』『在宅ワーク・副業』 をテーマに経験や知識をもとに情報発信します。